月別: 2015年5月

日本一周第7日目 徳島、高知

本日の経路

淡路→徳島→高知

起床(2015/05/22 06:30)

2度寝して6時半に起床。高速道路のPAはトラックのアイドリングがうるさいので眠れないかとおもいきや、意外にも単調なアイドリングの音が眠気を誘いぐっすりと眠れた。

鳴門(2015/05/22 07:54)

渦潮は見られなませんでしたが、潮の流れがとても早いのが見られたので満足。いつか観光船で渦潮見物してみたいものです。

20150522-002 20150522-001

徳島(2015/05 09:30)

大した面積も無いのに4県あるし、大したことがない街だろうと想像していたら、想像以上に街で驚く。

20150522-004このフォントのエリエールってあれですかね、大王製紙的な……。

20150522-003

徳島県庁は普通のビルという感じ。

20150522-005

眉山は市内中心部からほど近い様子。

20150522-006

どこかの道の駅(2015/05/22 11:43)

今日は道の駅に寄りまくったのでどこの道の駅だか忘れたが、ソフトクリームやら寿司やら色々といただいた。

ソフトクリームはすだちソフト。甘さ控えめですごくうまい。

20150522-007

ゆず入りという寿司をいただく。シャリがものすごく多くて、寿司というより海鮮おにぎりとでも表現したい。味は抜群。ゆずの風味と米がこんなに合うとは知らなかった。

20150522-008 20150522-009

四国は道の駅と鉄道の駅を併設するのがはやりなのでしょうか。この道の駅も鉄道の駅がありました。走っているのは1両のディーゼルカーというのが田舎らしい。

20150522-010

夫婦岩(2015/05/22 14:00)

なるほど、たしかに夫婦だ。こういう岩はどうやって形成されるんだろうと考えつつ見物。

20150522-011

四国の山々は急峻です。

20150522-012

室戸岬(2015/05/22 14:33)

山のてっぺんに灯台があったり、不思議な形の岩があったり。見飽きないところでした。

20150522-013 20150522-014

高知市(2015/05/22 16:55)

高知では路面電車が走っていて面食らう。「黄色の矢印は路面電車用だったな」「たしか路面電車の進路を妨げてはいけない、だったような」などと免許を取った時以来、使うことのなかった学科の知識を必死に思い出す。が、走ってみれば何の事はない、進路変更しないバスが走ってると思えば大丈夫でした。

20150522-015

高知県庁も普通。四国の県庁は普通なのか。

20150522-016

高知城は閉まってました。あまり派手ではなく、親しみやすいお城。

20150522-017 20150522-018

リョーマの休日とは良かったな。なんかこういうのを前に見たような……と考えてみましたが、あれだ、「グンマの休日」だ。中山秀征と井森美幸がポスターに出てた。あのポスターを見て苦笑いしたんだった。

20150522-019

高知の地酒とかつおやらアジやらアワビですか。。。

ふらりと入りたくなる衝動に駆られるが、車なので我慢。

20150522-020

はりまや橋。正直しょぼい。なぜこれが有名なスポットなのだろうか。

20150522-021

高知の交差点にはアルファベットが振られている。アルファベット1文字の交差点名なんて見たことが無いのですが、ちゃんと理由がありました(ココ!マーク高知)。確かにわかりやすい。他の地域も見習えばいいのに。

20150522-022

道の駅土佐和紙工芸村(2015/05/22 21:20)

本日の宿である道の駅に到着。

途中、スーパーで購入した地元っぽいごはんとお酒をいただく。スーパーでは地元のものを扱っているのを失念していました。飲み屋の看板を見て「道の駅は夜は店が閉まってるし、うまくいかないな~」と考えていたのですが、ふとスーパーなら地元のものが売られているのを思い出したのでした。

飯はかつお飯。かつおを入れた炊き込みごはん。かつおがアクセントになってうまい。酒はすっきりしていて飲みやすい。

20150522-023

地元っぽいパンも買ってみました。スペシャルという名前でしたが何がスペシャルなのかよくわからん。

20150522-024

日本一周第6日目 大阪、兵庫、奈良、京都

本日の経路

大津→淡路市(車での移動)

都市部は車より電車移動のほうが便利なので、車は大津に置いて電車で移動しました。

滋賀県庁(2015/05/21 07:15)

通勤の人たちに混じって滋賀県庁を見物します。なかなか上品な建物。

20150521-001

窓の飾りが凝ってる。

20150521-002

大阪府庁(2015/05/21 09:33)

工事中でよく見えず。

20150521-003

大阪城(2015/05/21 09:40)

府庁の向かいに大阪城がありますので寄ってみました。外国人観光客が多くて日本語が聞こえません。たまに日本語が聞こえるとほっとする。

20150521-005

城の感想はむずかしいが、こいつは成金くさい。

20150521-006

府庁と大阪城の間の横断歩道に設置されていた信号の押しボタン。「盲人」という表現を久しぶりに見た。

20150521-004

兵庫県庁(2015/05/21 11:13)

神戸にあるので洒落た感じの建物かと思ってましたが期待はずれ。

20150521-007

奈良県庁(2015/05/21 13:19)

できた当時はすごくしゃれていたんだろうなあ、と思わせるようなデザイン。

20150521-018

奈良公園、興福寺(2015/05/21 13:30)

県庁向かいの公園とお寺を見学します。お寺にはすっきりとした五重塔が。

20150521-008

奈良公園といえば鹿です。人馴れしていて近づいてもまったく逃げない。道路も歩いていてのんきなものです。

20150521-009

道路には鹿への注意喚起がありました。道路にペイントしているのは全国でもここだけなのでは。

20150521-010

東寺(2015/05/21 15:28)

今日はこの五重塔を見るために行動したと言っても過言ではないほど、見たいと思っていた塔。

20150521-011

とにかくでかい。写真で興福寺の五重塔と見比べると塔の近くにいる人の大きさが全然違うように、圧倒的な大きさです。もちろん塔以外も大変良かった。来た甲斐があった。

京都府庁(2015/05/21 17:00)

木で隠れて見えないが、歴史を感じさせる建物。

20150521-012

新しい庁舎とつながっているのかなと思いきやつながってなかった。

20150521-013

琵琶湖(2015/05/21 18:23)

電車に乗って大津まで戻ってきました。ついでに夕暮れの琵琶湖を鑑賞。淡水ということが信じられない。まるで海だ。

20150521-014

淡路SA(2015/05/21 21:17)

大津から高速道路を走り、明石海峡大橋を渡って淡路SAへ来ました。あんなに長い橋をよく作ったもんだ。対岸の明石の夜景もきれい。

20150521-016

周辺を散策すると「恋人の聖地」なる看板が。桂由美女史が公式に認定しているそうで。これをありがたがる方がいらっしゃるのだろうか。

20150521-015

室津PA(2015/05/21 22:00)

徳島まで行くつもりだったが、眠気がひどいので室津PAで一泊します。

日本一周第5日目 三重~滋賀

本日の経路

紀北町→串本町→白浜町→和歌山市→大津市

起床(2015/05/20 06:00)

6時に起きる癖でもついたのか、毎日6時起床です。起きてみて気づきましたが、道の駅海山は山深いところにあるのでした。

20150520-001

熊野古道(2015/05/20 06:35)

道の駅から少し歩くと熊野古道の入り口があります。徒歩も好きなのでとても興味はあるものの、又の機会に。

20150520-002
20150520-004

皇太子様は「行啓」なんですね。「行幸」は天皇陛下だけか。
20150520-003

道の駅なち(2015/05/20 09:03)

那智勝浦町の道の駅を目指し走ります。以下の写真の様なきれいな海を眺めつつ走ります。

20150520-005

山の方も行ってみるか、と思い国道から外れて県道を進んでみましたが、山がいくつも見える。紀伊半島は山あり海ありで観光にはもってこいだな。

20150520-006

そんなこんなで道の駅に到着。温泉が併設されている。つくばナンバーの車がいたのでお声がけさせていただいたところ、日本一周中とのこと。彼の場合は反時計回りということで、もうすぐ旅も終わるので寂しいとおっしゃっていました。

また、北海道では余裕をもった給油を心がけるようにとのアドバイスをいただく。

20150520-008

この道の駅のおもしろいことろは、鉄道の駅も併設されているところ。逆か?鉄道駅があったところに道の駅が併設されたのか。

20150520-009

道の駅くしもと橋杭岩(2015/05/20 10:30)

串本町の道の駅を目指し進んでいきます。ひたすら海ですが、道路は登ったり下ったりそれなりに気を使って運転しないといけない。

20150520-010 20150520-011

無事、道の駅に到着。

20150520-012

すごい岩。

20150520-013 20150520-014

店が開いていたので色々購入。まずはポンカンソフトクリーム。甘酸っぱくてうまい。

20150520-015

海沿いということでかまぼこ。イカの歯ごたえと魚の旨味が良い。こいつを肴に日本酒を飲んだらさぞうまかろうに。今回の旅行で一番の盲点はなかなか酒が飲めないこと。飲酒運転できませんからね。。

20150520-016

さらにマグロのかつサンド。あまりマグロ感は無いが、トンカツのようなしつこさがなく、次々に食べられる。これはあれだ、「食べらさる」だ。

北海道や東北には動詞に「ささる(ささらない)」という言葉をつけて、自分の意志に関わらず行動が行われる(行えない)点を強調することがあります。「食べらさる」はもう腹いっぱいで食べる気は無いのですが、食べてしまうのです。

20150520-017

お店の方に「どちらから?」と聞かれたので千葉県と答えたところ、ぴーなっつ最中がすごくおいしいとのこと。あれおいしいですかね。もう少し甘さ控えめで良いと思うが。

エルトゥールル号遭難慰霊碑(2015/05/20 11:30)

立派な橋をとおりながら、道の駅と同じく串本町内にあるトルコ軍艦の遭難慰霊碑へ向かいます。

20150520-018 20150520-019 20150520-020

慰霊碑は想像以上に大きく立派なものでした。亡くなった方々に手を合わせます。

20150520-022

20150520-023

現場は険しい地形。救助は困難を極めたのではないでしょうか。

20150520-021

道の駅椿はなの湯(2015/05/20 13:07)

道の駅の看板はありますが。。。

20150520-024

温泉しかありません。50L100円で購入できます。リッター2円か。もちろん入浴もできます。

20150520-025

さらに無料の足湯もあります。ちょっとぬるかった。

20150520-026

三段壁(2015/05/20 2015/05/20 13:40)

白浜町の三段壁。断崖絶壁。これはすごい。

20150520-027

20150520-029

小学生?中学生?が見学に来てました。見た目と言動からすると小学校高学年っぽいが、まだ5月なので中学1年ならあんなもんだろうか。

20150520-028

いわゆる「自殺の名所」のようです。

20150520-030

和歌山市(2015/05/20 17:00)

和歌山県庁はコジャレた感じ。新しい庁舎に見えましたが、最近建てたのか??

20150520-031

近くの和歌山城へ。

20150520-032

中に入ろうかと思いまいしたが残念。

20150520-033

しょうがないので外をぐるっと回ってお城が見えることころ探す。最近同じことがあったような気が。

20150520-034

県庁の近くには青いポスト。青いポストは速達専用だと思ってましたが、普通のポストもあるのですね。

20150520-035

岸和田SA(2015/05/20 19:07)

和歌山から阪和道に乗り岸和田SAへ。和泉ラーメンなるものを食べたが、油っぽい醤油ラーメンだった。SAのラーメンに来たいしていはいけない。

20150520-036

デザートは「月化粧」というお菓子。萩の月のパクリかと思ったら、牛乳風味の餡が入った饅頭だった。

20150520-037

デザートその2はドライみかん。みかんそのものの味がするので感心した。味は「普通においしい」だが、何よりおもしろい消費なのでちょっとしたおみやげに良さそう。

20150520-038 20150520-039

大津SA(2015/05/20 20:51)

滋賀のおいしいものをと考えて立ち寄る。琵琶湖が見える、らしい。黒い部分が琵琶湖なのだろう。

20150520-040

京阪神のおみやげが充実しているが、滋賀のおみやげはいまいちだったので何も購入しなかった。

20150520-041

道の駅琵琶湖大橋米ぷらざ(2015/05/20 23:20)

途中、風呂に寄りつつ本日の宿に到着。和歌山は山あり、海あり、食べ物もおいしかった。

そういえば、愛知以来初めて運転マナーが良いと感じた。いや、決して良くはないが(茨城、栃木あたりと同じくらい)、ほかがひどすぎたので相対的によく見える。気を使わず普通に運転できるとすごく楽で疲れない。