月別: 2012年10月

ふるさと林道米内川櫃取線を行く

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

この林道は今でも好きな道です。なんだかね、雰囲気がいいのです。また、釜津田も魅力的。何があるわけでもないのですが雰囲気が良い。でもなぜあんなところに人が住みついているのかが不思議。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

ふるさと林道米内川櫃取線を行くについて

盛岡市と岩泉町を結ぶ林道、米内川櫃取線をカブで走ってみました。

はじめに

前に大志田駅へ行ったとき、 米内川の源流を見ようと思うも、「この先車両通行止め」という看板を見てあきらめました。

今回は、「車両通行止めでも歩行者はOKのはず。熊が出てもヘルメットかぶってるから大丈夫。」ということで、米内川の源流地域、さらにその先の岩泉町まで足を伸ばすことにしました。

出発

2005_06_01

2005年5月3日10時、JR上米内駅前を出発します。 米内浄水場のしだれ桜が見頃らしく、駅前の浄水場は若干混んでいました。

大志田駅

2005_06_02

10時20分、大志田駅に到着しました。相変わらず列車の本数が少ないです。 この駅を利用するお客さん(鉄な人以外)はいるのでしょうか。

分岐点へ

2005_06_03

10時40分、岩泉方面への分岐点までやってきました。 「この先危険につき・・・」という看板が若干破壊されています。

とりあえず、危険なところまで行ってみましょう。

危険個所

2005_06_04

5分ほど進むと、岩が落ちていました。どうやら危険なところはここのようです。 確かに危険といえば危険ですが、この岩をどけて落石注意の標識を置いてやれば、それでいいような気がします。

昨年からこの状態だとすれば、盛岡市はこの林道の維持管理を行う気は無いようです。

米内川源流地域

2005_06_05

北上川の源流のように「ここが源流」という場所があるのかと思いましたが、 そんな場所は見当たらず、道は川から離れていきます。 だから源流地域なのでしょうか。

岩泉町へ

2005_06_06

峠付近で岩泉町が設置したと思われる、林道の案内看板がありました。 いわく、

この林道は、岩泉町釜津田集落と盛岡市側との交流を促進し

とのことです。

しかし、地図を見ると釜津田の人はこの林道ではなく、国道455号か国道106号を経由して盛岡へ行くような気がします。

県道171号へ

2005_06_07

林道は櫃取のあたりで終わり、県道171号で釜津田集落を目指します。

「集落」と林道の看板には書いてありましたが、 地図で見る限り神社しかないような気がします。 ま、14万分の1の地図(ツーリングマップル)なので、細々したものを表示していないだけでしょう。

釜津田集落

チェーンソーで木彫り?

釜津田に入る少し前に、木彫りっぽい物体が数個置いてありました。 初めは木彫りだと思いましたが、そこにいた方がチェーンソーで丸太を切る・・・というか、 削っていたので、あれはチェーンソーで作られたのでしょう。

写真を撮りたかったのですが、チェーンソーで作業に打ち込んでいた方が、 あからさまにこちらを睨んでいたのであっさりと通過しました。 チェーンソーで首を切断されたらたまりませんからねえ。

釜津田小学校

2005_06_08

11時30分、釜津田小学校に到着しました。学校くらい地図に載せようよ。

釜津田中学校

2005_06_09

小学校から少し行くと、立派な中学校がありました。果たして、どれくらいの生徒がいるのでしょう。 集落の規模から考えて、そう遠くない将来、他の学校と統合されそうな気がします。

八幡平アスピーテラインもびっくり

2005_06_10

釜津田から早坂峠へ至る町道があったので、それを使って早坂峠を目指します。 途中、雪の壁があって驚きました。この道路はきっと冬季通行止めでしょう。

早坂峠

2005_06_11

12時20分、早坂峠に到着しました。 ちょっとした店があり、それなりの賑わいがあります。 しかし、現在この峠を通過する早坂トンネルの工事が行われており、 この賑わいが見られるのもあと少しかもしれません。

国道455号

国道455号を盛岡方面を向かってひたすら走ります。 峠のてっぺんから出発したので、ずっと下り坂。下りであればカブでも車の流れについていけます。

カブの注意するべき点として、寝かせるとセンタースタンドを道路に擦ってしまうというものがあります。 怖いんですよねえ。センタースタンドをとっぱらえばいいのかもしれませんが、 それでは利便性が損なわれます。

大志田駅へ

2005_06_12

途中、県道204号で大志田駅を目指します。 幅員は狭く、舗装はされていませんが、カブでも走りやすい道です。

なお、大型車は通行止めなのでご注意ください。

あやしい隧道

2005_06_13

大志田駅付近を通過し、上米内駅へ向かっている途中、あやしい隧道がありました。 どこに行くのでしょう。確かめなければ。

行き止まり

2005_06_14

ずっと走っていったら、行き止まりでした。なんだよ、つまんねえな。

分岐発見

2005_06_15

来た道を戻ると、分岐がありました。もしかしたらこちらが本線かも、と思い突き進むも、 倒れた木が邪魔をして通れません。正確には、前輪は越えられましたが、 レッグシールドが引っかかって進めません。あきらめて引き返します。

さらに分岐発見

さらに来た道を戻ると、別の分岐がありました。もしかしたらこれが本線かもと思い(またかよ)、 突き進みます。

実は通行止だった

2005_06_16

しばらく進むと別の林道に出ました。さらに、車が止まっていて、近くでは藪を刈ってる人が。 また、看板が立ててあり、それを読むと「これは仮設道路だから行き止まりだよ」みたいなことが書いてあります。

行き止まりのはずの道路からやってきた私は何でしょう。

結局大志田駅へ

2005_06_17

また大志田駅に戻ってきました。ぐるりと回って戻ってしまったようです。 何やってるんだか。

上米内駅へ

2005_06_18

15時30分、上米内駅に到着しました。カブが泥だらけです。 今度洗ってやるから許しておくれ。

おわりに

カブで林道を走るなんて、本来の使い方じゃないよなあと初めは思いましたが、 カブで山菜取りに行く人もいるのだし、あながち間違っていないかもと思い直しました。

楽しかったなあ。

国道4号を走破してみる(盛岡青森編)

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

思えば、このとき以来盛岡~青森間のR4を走っていません。久しぶりに走ってみたいですが、いかんせん遠すぎて……。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

国道4号を走破してみる(盛岡青森編)について

カブで国道4号を走破してみました。このページでは盛岡青森間について記します。

はじめに

2日前、日本橋から盛岡までやってまいりました。さあ、後は青森を目指すだけです。

出発

2005年5月1日7時30分、盛岡市を出発します。

十三本木峠

2005_05_01

8時20分、4号の最高地点である一戸町の十三本木峠(中山峠)に到着しました。

最高地点といっても、標高はたかだか458mです。 しかし、この峠はかつて東北本線の一番の難所と言われた峠です。 もちろん、現在は電車があっさりと通過していきます。

「昔は大変だったんだなあ」などと思いつつ、通過します。

600km地点

2005_05_02

8時40分、600km地点に到着しました。もうすぐ二戸です。

二戸市

2005_05_03

8時50分、二戸市に入ります。どうやら、まだ二戸の時代は来ていないようです。 熱いと思ったんだけどな。

700km地点

2005_05_04

11時、700km地点に到着しました。最後の大台です。

終点

2005_05_05

12時30分、終点に到着しました。大きな看板があるわけではないので、 終点に気づかずそのまま通過してしまいました。 案内標識がいつのまにか国道7号になっていたので、慌てて引き返して終点を発見しました。

道路標石

2005_05_06

終点付近にある青い森公園には、国道の碑がありました。また、その近くには道路標石なるものもありました。ぱっと見マンホールに見えるので要注意です。

さ、帰ろう。

13時、青森市を出発します。来た道を戻ります。

いなり百貨店

2005_05_07

途中、いなり百貨店というお店を見つけました。どう見てもただの個人商店です。 私の百貨店像は、大きな音をたてて崩れ去りました。

盛岡到着

18時、盛岡市に到着しました。終了。

おわりに

長いと思っていた国道4号ですが、走ってみると案外短いものです。 走っているうちに着いてしまうというか。 気合があれば、一泊せず一日で日本橋から青森まで行けるでしょう。

盛岡西部広域農道を走る

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

現在この道路は開通しています(ルート)。交通量は皆無と言っても差し支え無いので、のんびり走りたいときは良いかもしれませんが、アップダウンが激しく冬はやめた方が良いです。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

盛岡西部広域農道を走るについて

いまいち作る理由が理解できない、玉山・盛岡の農道を走りました。

はじめに

地図を眺めていたら、「盛岡西部広域農道」という道路を発見しました。 国道4号線の芋田交差点(玉山村)から南下し、国道455号線を目指すも、 途中で道が途切れています。

おもしろそうなので、カブで走ってみました。

出発

2005_04_01

2005年4月30日14時30分、芋田交差点を出発します。

きもちのいい道路

2005_04_02

道路はずっと2車線が続きます。前方には姫神山、周囲は畑や山ばかり。 交通量は無いに等しいです。カブで走るには最適の道路でしょう。

玉山トンネル

2005_04_03

途中、玉山トンネルという立派なトンネルがありました。延長は508mとのこと。

再度書きますが、交通量は無いに等しいです。 芋田交差点からこの玉山トンネルまで約10kmありますが、対向車は1台だけ、 私を追い抜いていった車は2台だけです。

UR(ウルグアイラウンド)対策

2005_04_04

トンネルを出て振り返ると、「このトンネルはUR対策として実施されています。」の文字。 よくわかりませんが、URは農林水産省にとってトンネルを作る口実になるようです。

止まれ

2005_04_05

快適に走行中、止まれの標識が出現しました。 1車線の小さな道路に対して止まれです。こちらは2車線、向こうは1車線。

道路の優先順位はよくわかりません。

工事中

2005_04_06

地図で道が途切れていましたが、本当に途切れていました。 あら、ここから先どうすれば・・・と思ったら、横に小さな道を発見。

小さな道

2005_04_07

舗装されていません。幅員も狭いです。Delineator(デリネーター?デリニエーター?)には「玉山村」と書いてあるので、村道だとは思うのですが、果たして。

私道?

2005_04_08

小さな道を少し行くと、道路の案内板が出現しました。 それを見ると、私が通ってきた道は私道のようなそうでないような。

国道455号線へ

2005_04_09

すぐに国道455号線に出ました。引き返さなければならないかと覚悟しましたが、 結果オーライ。

おわりに

盛岡地方振興局農政部農村整備室のサイトを見ると、

広域農道整備事業盛岡西部地区は、矢巾工区、雫石工区、玉山・盛岡工区の3つの工区からなっています。

とのこと。おそらく、今回走ったのは(作りかけの)玉山・盛岡工区でしょう。 矢巾、雫石にもこの道路はあるのかもしれませんが、地図を見た限りでは発見できませんでした。

こんな道路を作るカネがあったら、国道4号線を4車線にすればいいのに。 必要な工事と不必要な工事ってあると思うんだけどなあ。

ああ、そうか、これは農林水産省の事業か。