月別: 2012年10月

御前岩を見に行く

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

下ネタですね、おバカですね。でも今でも嫌いじゃないです。はい。

作成・更新日

  • 2005/07/31作成

御前岩を見に行くについて

カブに乗って栃木県馬頭町にある御前岩を見に行きました。

はじめに

ツーリングマップルを眺めていたら、男なら見るべしという文字を発見しました。なんだろうと思い、よく見てみると「御前岩」と書いてあります。一体なんだろう。私も男のはしくれなので気になります。

ネットで調べれば答えはすぐにわかるでしょう。しかしたまには自分で直接その場に行き、そして自分の目で見るのもいいかなと思い出かけました。

場所

栃木県の馬頭町、国道461号の茨城と栃木の境界近くです。余談ですが、2005年10月1日より馬頭町と小川町が合併し那珂川町となる予定です。

出発

2005年7月30日9時50分、東京都練馬区を出発します。オドメーターは12757km。天気はくもり、予想では夜から雨とのこと。いやんです。

迷う

11時50分埼玉県吉川市の栄小学校前に到着しました。ここは一体どこだろうと思いつつ地図を確認。とりあえず近くのジャスコを目指します。

茨城県下妻市通過

13時45分国道125号から県道へ進路変更。予定では国道125号から国道294号へ進むはずだったのですが、地図を見ると125号と294号が交わる交差点近くに”ジャスコ”の文字があります。ジャスコあるところに混雑あり。おばあちゃんの遺言です。ごめんなさい嘘です。しかもばあちゃんは父方も母方もまだ生きています。ま、母方のほうはボケちゃって私が誰だかわからないみたいですが。娘(私の母親)のことすらも理解できないとかなんとか。切ない。

閑話休題。

経験的にジャスコやイトーヨーカドー付近は休日になると混雑する可能性が高いです。イオンタウンのように大規模なものだとそれはもう、ええ。ということでジャスコを回避。田舎に住む方は覚えておくと役に立つでしょう。

関東鉄道黒子駅

2005_09_01

13時55分黒子駅に到着しました。人がいません。全くいません。それはもうJR上米内駅の10時半って感じですよ(意味不明)。

道の駅にのみや

2005_09_02

14時25分道の駅にのみやに到着しました。店員が訛っています。笑ってしまいました。東北地方の訛りとはイントネーションが違うのですが、似たようなところもあって興味深いです。

御前岩

16時15分御前岩に到着しました。この時点でオドメーターは12943km。さてどんな岩だろう。

解説

2005_09_03a

御前岩の解説看板があります。以下に全文を引用します。

奇岩 御前岩

今から約二八〇年前(元禄五年)徳川光國公が領内検分の折、御前岩をご覧になられると「これは誠に天下の奇岩じゃ」と驚かれて「かかるものを衆目にさらすことは、よろしからず」と土地の役人に命じて、御前岩の対岸に竹を植えさせました。

この竹を腰巻竹と言って、県道から直接には見えないようさえぎられております。また御前岩の中程から霊水がしたたり落ちたといわれております。言い伝えによると、当町大字大内久通地区に淵があり、サイマラ淵と名付けられており、川岸には巨大な男根石があり「オンマラ様」と呼んでおります。その「オンマラ様」は、明治の末期に大洪水があったとき、哀れにもくずれてサイマラ淵に沈んでしまいました。それを知った御前岩は悲しみのあまり、霊水の変化は見られなかったと言うことです。

御前岩の上には小さな祠があって、そこには木や石で作った男根が奉納されており、祈願されますと子宝・安産・婦人病・五穀豊穣・商売繁盛・健康長寿に大変御利益があると言われております。

かの有名なアメリカのインディアナ大学、性研究所の所長ポールゲブハート博士が、一九七六年十月十六日に訪れ、非常に興味深くご覧になられました。

一九八七年八月

馬頭町観光協会

光國ではなく光圀だろと思ったり、県道ではなく国道だろと思ったり、俺はポールゲブハート博士を知らんぞと思ったりしますが、それはさておいて。

これから見る岩は、徳川光圀も「天下の奇岩」とおっしゃったものということです。それだけ珍しいということですか。そして光圀は「衆目にさらすことはよろしからず」とおっしゃったと。つーことはアレか、人にあまり見せないほうがよろしいものっつーことですか。巨大な男根石という言葉も気になります。色々と想像してみましたが、なぜか割り箸といなり寿司しか脳内に浮かび上がりませんでした。石じゃないし。(木や石で作られた)男根が奉納されているのもすごい。男根を奉納ですよ。男根を奉納されて喜ぶのは誰だろうか。

そしてポールゲブハート博士。誰だよ。

ご対面

2005_09_04

岩を見ました。要は女性の局部に似た岩ということです。このネタで喜ぶのは中学生や高校生くらいではないでしょうか。あのー、ね、くだらない。ばかばかしい。観光客も私以外に誰もいませんでした。そりゃそうだろうな。家族揃って来るようなところではないし。

・・・と書きつつ、行ったときに「本当に霊水がしたたり落ちていたのかなー。それって奇跡だよな。しかし蔦の生え方と言い、これはもう狙ったとしか思えない。神様っているんだなー。」と思ったのは秘密です。

腰巻竹

2005_09_05

岩の近くにある竹をとっちゃダメよと看板が立っていました。理由は腰巻竹だから。おかしいよね、その理由おかしいよね。無許可伐採云々ではなく腰巻竹だから取っちゃダメってあなた。

御前岩をイラストで

2005_09_06

御前岩の近くに”ばとうイラストマップ”なるものがありました。それの御前岩を見ると・・・きてますよコレ。微妙に毛みたいなものが生えているし。

さようなら御前岩

16時30分御前岩前を出発。滞在時間15分。なんだかな。

国道293号を経由し、国道4号を目指します。

ところで国道461号って

2005_09_07

とても国道とは思えないような道だったのですが、3桁国道なんてそんなもんでしょうか。254号349号もそうだったし。

雨ふり

17時10分国道293号を走行中に雨が降り出しました。パーキングエリアで雨具を着込みます。雨でもなんでも来やがれ。こっちはケーヨーで買った1,000円のカッパがあるんだぞ。どうだ。

雨あがり

河内町で給油。4号に出たのであとはひた走るのみ。雨もあがって気分が高揚します。

まぎらわしい

19時30分、バイパスで無いほうの国道4号を走行中に花火を雷と間違えました。空がピカッと光ったので「また降ってくるかな?」と思ったのですがその気配はありません。なんだろうと思っているうちに徐々に花火の形が見えてきて、自分の間違いに気づいたというわけです。

アグリパークゆめすぎと

20時50分道の駅(まちの駅)アグリパークゆめすぎとに到着。カブの写真を撮ろうとカブから少し離れたところに立つと、足元に気味の悪い気配を感じました。足元を見ると大量の便所虫もといワラジムシが蠢いています。害虫ではありませんがあまり気持ちのいいものではありません。ワラジムシたちに驚かせてごめんねと謝り、そそくさとその場を去りました。

アグリパークゆめすぎとにお越しの際は大量のワラジムシにお気をつけください。

帰還

22時50分練馬区に到着しました。無事故で良かったです。

風呂に入り、ポテトチップスを食べながらその他雑種(2)をあおり、就寝。もちろん寝る前の歯磨きは忘れずにね。

まとめ

走行距離は358kmと、長距離ではなくかといって短距離でもない半端なものになりました。時間の割に走行距離が少ないという印象があります。でも今回は走ることが目的ではなく、御前岩を見るのが目的だったのでよしとしましょう。

ところで、御前岩は地元の男子中高生にはきっと”(自主規制)岩”と呼ばれていると思うのですがどうでしょう。少なくとも私が地元の男子中高生だったらそう呼びます。100円かけてもいいです。

練馬に戻ってみる

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

このときは福島の道路が印象に残っています。県道にしろ国道にしろ1車線~1.5車線程度の道路が多く、そんな道が県道や国道に指定された理由を知りたいと思ったものです。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

練馬に戻ってみるについて

仙台から練馬へ戻りました。

はじめに

楽しかった5月連休。それもおしまいです。 ということで、盛岡から練馬まで戻る・・・はずが、 成り行きで仙台出発(カブは仙台まで車載)に。

出発

2005年5月5日13時、仙台市を出発します。

回り道

2005_08_01

国道4号を走るのもつまらないので、宮城県道をひた走ります。

国道349号

2005_08_02

途中から国道349号を走り、福島県へ。 この国道349号、区間にもよるのでしょうが、いまいち整備されていません。

郡山へ

郡山まで福島の県道を走りましたが、時間がかかりすぎるので郡山から国道4号を走ります。

ひたすら走る

国道4号をひたすら走ります。流れにはついていけますが、疲れます。 スピードを出す乗り物じゃないんだよなあ。

4号を埼玉県まで走り、途中から国道16号、国道17号と進み、1時練馬着。

12345.6km

2005_08_03

板橋でオドメーターが12345.6kmを示しました。 だからどうってわけでもないのですけどね。

おわりに

到着時のオドメーターは12347.6kmでした。 東京を出発時は10546.2kmでしたので、1801.4kmの走行と相成りました。 意外と走っていないなあ。

ちなみに、県道を走るより素直に4号を走ったほうが距離を稼げます。 疲れますけどね。

県道281号と国道46号と

おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

旧46号はおぼろげながら記憶がありますが、県道を走った記憶がありません。しかし加藤あいはあまり見かけなくなりましたね。好きだったのに残念です。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

県道281号と国道46号とについて

岩手県道281号と国道46号の旧道を走りました。

はじめに

地図を眺めていたら、県道281号線が目に付きました。 県道のくせに、近くを走る農道よりひどい道路っぽいです。

矢巾町から雫石町へ至る道路なので、この県道を走り、 ついでに国道46号の旧道も走ることにしました。

出発

2005年5月4日8時50分、上米内駅前を出発します。

県道281号へ

2005_07_01

9時30分、南昌山まで4kmのところまでやってきました。 いかにも峠を越えそうな道です。わくわくします。

通行止め

2005_07_02

何と積雪のため通行止めでした。ゲートも閉まっています。 ただ、ゲートの隣は通ってくれといわんばかりに開いていますが、 通行止めである以上通るわけにはいきません。私は交通法規を守る人間なのです。

近くを走る農道へ

雫石町へ向かうため、近くの農道を走ります。

南昌大橋を渡ってすぐに、下へ降りていく道を発見しました。 面白そうなので、行ける所まで行ってみます。

T字路

2005_07_03

見つけた道を少し走ると、T字路になりました。 あらあら?もしやこれは県道281号では? なんということでしょう。偶然見つけた道が、さらに偶然にも目的の県道へ出ちゃいました。 幸運ですね、ラッキーですね、神は私を見放しませんでしたね。 ・・・あまりにもうそ臭いですか、そうですか。

通行止めとも何とも書いていないので、T字路を右折して雫石町方面へ向かいます。 交通法規は守っていますよ。だって、通行止めって書いていないもん(屁理屈)。

走りやすい道路

2005_07_04

未舗装ですが、とても走りやすいです。ただし、南昌山を登山する方が歩いているので、 その方々には要注意です。

のんびり走っていると、後ろから猛烈な速さで何かが近づいてきます。 左端に逃げると、セローが颯爽と駆け抜けていきました。 いいなあ、オフ車。

オフ車が走るのは理解できるのですが、なぜかアメリカンなバイクとすれ違いました。 なんつーかですね、オフ車はわかります。この道はオフ車のためのようなものですし。 で、カブでもそれなりに似合うと思うのです。「山菜取りさ来ましたった~」といった具合で。

でも、アメリカンは違いますよぉ。すごく走りにくそうだったし。

雫石町

2005_07_05

峠のてっぺんで、雫石町に入ります。 ここには南昌山への登山道の入り口があります。山登りに行く方がたくさんいて、少し驚きました。 そんなに南昌山はいい山なのでしょうか。

雫石町側もゲートが閉まっていた

2005_07_06

あらっ、通行止めだったの?道に入ったとき、通行止めとも何とも書いていないから、そのまま来ちゃいましたよー。あはは。

県道162号

県道162号という、紫波町と雫石町を結ぶであろう道路があります。 雫石町側のゲートのところから続いていくのですが、通行止めということになっています(地図では点線で繋がっているのですが)。

いい機会なので数km進みましたが、途中前を走るカローラに追いつき、そのカローラがあまりにも遅いので引き返しました。次の機会に走ってみます。

県道266号

2005_07_07

国道46号は、登りでは車の流れに付いていけないので30kmくらいで走り(半端にスピードを出すより、遅いほうが車はすぐに抜いてくれるので楽なのです)、国見温泉へと至る県道266号まで来ました。 これが旧国道46号です。

雫石町道国見ヒヤ潟線

2005_07_08

県道266号から途中で分かれ、旧46号は雫石町道として県境を目指すはず・・・だったのですが、 無情にも通行止めの看板。さらに、雪が積もっていて徒歩で進むのも大変そうです。

通行止めの看板は無視できますが、雪を無視することは出来ないのでおとなしく引き返します。

帰宅途中

2005_07_09

加藤アイクリニックの看板を見つけて興奮。ほら、加藤あいのクリニックですよ。 名古屋の帰りにも同じような名前の看板を見かけました。

おわりに

通行止めを無視するのは、道路交通法違反ですのでよろしく。