2013年帰省ツーリング

AB型

しばらくカブで帰省していないなあと思い立ち、ふらりと田舎へ向けて走り出しました。こういうことあるよねと思うのですが、人に話すと「さすがAB型」などといわれます。計画も無く思いつきでとんでもない行動をとるところがAB型らしいのだとか。

ひとりだから無計画な行動をとるのであって、人と旅行するときとかはちゃんと計画する……んだけど、計画立ててる途中で面倒になって、とりあえず行くところだけ決めてあとは成り行き任せになったりしますが、でも無計画ってことは無いです。血液型差別はおやめいただきたい。

ホーマックスーパーデポ野田みずき店(2013/09/21 19:30)

20130921_01

無計画に家を出てきたものの、寒くてしょうが無いので野田のホーマックに立ち寄り、防寒用品等を購入します。

スーパーデポは売り場面積が広く、目的の商品がある場合はたくさん歩かなければならず面倒です。上堂店くらいの大きさが程良いな(ローカルすぎ)。でかけりゃいいってもんでもないです。特にこれからの少子高齢化の時代にはね。

ちなみに野田のホーマックの近くにはやまやというリカーショップがあり(写真にもちょこっと写ってる)、この店舗の組み合わせは東北地方に多く、まだ野田なのに東北に来たかのような印象を受けます。

茂木町(2013/09/21 23:40)

国道4号を走るのもつまらないので、国道294号を北上していきます。

途中スプロケットカバーのあたりから大きな異音があり、カブを止めてスプロケカバーを外して点検したり、チェーンを張ってみたりあれやこれや弄ってみましたが改善せず。しかしますます音は大きくなるばかり。

もう一度スプロケカバーを外してみてみると。。。

20130921_02

アカン。これはアカンで。ボルトが1本取れかけてますやん。ボルト類の点検はちゃんとやっておきましょう。

ところで、カブを弄っているときに若いカップルに声をかけられました。

「こんな時間にこんなところで何かしているから心配になって戻ってきた」とおっしゃる。なんと心優しい人たちでしょう。見た目は今時の若い人でしたが見た目で判断してはいけませんね。久しぶりに心が温かくなる出来事でした。

どこかのパーキング(2013/09/22 00:37)

20130921_03

場所が定かではありませんが、栃木県内のどこかのパーキングで休憩を取ります。カエルちゃんも休憩中のご様子。

白河市(2013/09/22 01:04)

20130921_04

白河に入ります。直感的に思ったのは白河まで早いということ。(練馬の)平和台に住んでいたときは白河までかなり遠かったと思うのですが、あっという間に白河です。流山が練馬と比べて北に位置しているのも関係しているでしょう。

いつもならば「東北だー!!」と思いテンションが上がるのですが、なんだか思いのほか近く「ああ、白河か……」としか感じませんでした。ちょっと寂しいな。

田村市(2013/09/22 03:02)、道の駅ふくしま東和(2013/09/22 03:13)

白河から郡山までは素直に国道4号を走りましたが、どうも4号はつまらない。そこで国道288号、国道349号経由で北上します。
20130921_05

県道50号との分岐で一般車両は左折せよとの看板が出てきます。案内標識には浪江の文字。悪い意味で有名になってしまった町。左折を促される理由は書くまでも無いでしょう。

県道50号との交差点から少々走り、道の駅ふくしま東和で一休みします。警戒区域の迂回情報が掲載されていましたが、海沿いを通れないので大きく迂回しなければならないようです。常磐道とか国道6号とかどうするんだろう。。。

20130921_06

村田町(2013/09/22 05:14)、仙台市(2013/09/22 05:48)

20130921_07

20130921_08

伊達市から国道4号へ戻り宮城県へ入ります。県道14号、31号、37号、22号と走り、混雑しがちな仙台バイパスを避けます。今思うと、早朝だったので素直に仙台バイパスを通っても良かったのかもしれません。

村田町は知人のご友人の故郷で、知人曰くそのご友人は「村田さん」と呼ばれていて、なかにはあだ名では無く本当に村田さんという名前と思っている人もたまにいるそう。確かに名字っぽい。

北上市(2013/09/22 09:07)

仙台から3時間少々、北上市まで参りました。

市町村合併の影響でしょうか、北上まで地名に違和感がありました。仙台を過ぎた後の主要な街は古川のはずですが、案内標識に出てくるのは大崎という地名。古川と周辺の町村が合併したのでしょう。

岩手県に入るといきなり一関市だし。花泉町はどこへ行った。水沢も奥州市になってるし……。でも平泉はともかく金ケ崎が残っていたのはちょっと意外でした。

20130921_09

強風が吹いたのか稲が倒れていました。田んぼとカブの似合うこと。

上米内駅(2013/09/22 11:27)

20130921_10

実家近くの駅まで来ました。茂木で異音のあったときはどうなることかと思いましたが、なんとかなるものです。

盛岡西部広域農道(2013/09/22 13:13)

20130921_11

20130921_12

実家で昼食をとったのち、暇なので近所をカブでぷらぷらすることにしました。

この農道は2005年にも走ったことがありますが、とても気持ちの良い道路なのでおすすめです。この日は姫神山はよく見えましたが、岩手山は頂上付近が雲に隠れていて残念でした。

岩手町(2013/09/22 14:33)

農道から国道4号へ入り、岩手町の川口から県道158号経由で国道455号を目指します。けっこうな山中を走って行きますが、自治体が設置したであろう標語の看板なんかもあります。ぽつぽつと集落は点在しているものの決して交通量が多いとはいえず、標語を誰が読むのか疑問です。

20130921_13

20130921_14

20130921_15

ときには2車線となることもありますが、基本的には1車線から1.5車線程度の幅員が続きます。4輪では来たくないな。

20130921_16

盛岡市(2013/09/22 15:09)

20130921_17

盛岡まで来ましたが県庁所在地とは思えません。風景を見るとどこの山村だよと言いたくなりますが、これでも県庁所在地です。

20130921_18

岩洞湖。岩洞ダムの人造湖です。冬はワカサギ釣りで賑わいます。いや、賑わうと呼べるほど人が来るのかどうか知りませんが、一応そういうことになっています。

20130921_19

県道204号をとおり大志田駅を目指します。

20130921_20

20130921_21

県道204号は未舗装道路です。落ちたら死ぬ……っ!というところも通りますので、大志田駅へお越しの際は上米内駅近くの道路から向かうことをおすすめいたします。

20130921_22

徹夜で走ってきたせいでしょうか、注意散漫となり何度か崖下へ落ちそうになりつつもどうにか大志田駅近くまで来られました。

大志田駅(2013/09/22 16:21)

20130921_23

大志田駅です。いつ来ても変わらず、ある意味とても安定した駅ではないかと思います。入場券は買ってませんがホームに上がっちゃいました。無人駅の入場券ってどこで買えばいいんでしょうね。

前に来たとき、大志田駅に止まる列車は上下あわせて1日3本でしたが、少しは増えたでしょうか。あるいはさすがに減らされたでしょうか。

20130921_24

1日3本。安定しています。

20130921_25

小屋(?)にはメッセージ帳が置いてあり、来訪者が様々なメッセージを寄せています。車で来た人、自転車で来た人、歩いてきた人などいろいろです。歩いてくるなんてすげーな。「チャリで来た。」って書いてあってちょっと笑いました。

帰宅(2013/09/24)

時間的な都合により、カブを実家に置いて新幹線で帰宅。

米内小学校(2013/10/13 09:00)

20130921_26

カブとともに流山まで戻ります。なんとなく母校に来てみましたが、良い思い出はあんまり無いです。

平泉町(2013/10/13 11:26)

20130921_27

平泉=世界遺産みたいなイメージが定着したのか、平泉町内は他県ナンバーの車を数多く見かけます。「他県」とかさらっと書きましたが、平泉の人から見たら私も他県の人なわけです。「流山市」と書かれたナンバーを見てもどこの県なのかわからないのでしょうけれどね。

そういえば、以前は「練馬区」と書かれたナンバーだったので遠出したときは「これで練馬から来たの!?」などと話しかけられたのですが、「流山市」ナンバーになってからというもの全く話しかけられなくなりました。ちょっと寂しい。

いつの日か、流山市の知名度が練馬区並みになった暁にはまた話しかけられるようになるかな。

柴田町(2013/10/13 14:35)

国道4号を南下中、後輪の空気が一瞬で無くなりました。近くの空き地で後輪を見てみると釘が刺さってる。

20130921_28

手で引っこ抜けないのでラジオペンチで引き抜いたところ、なかなかの大物。

20130921_29

予備のチューブは持っていましたがタイヤを外すのも面倒なので、近くのコメリまで押していきゴム糊とパッチを購入。チューブを引き抜くべく悪戦苦闘しますがチューブが抜けない。動かしたせいか、ちゃんと見てみるとビードがあちこちでチューブを噛んでいる状態でした。

しょうがないのでタイヤを外してチューブを取り出してみると。。。

20130921_30

アカン。これはアカンで。パッチでどうにかなるレベルじゃねぇぞ。裂けてますやん。どのみちパッチなんて意味無かったんや!!

20130921_31

素直にチューブを交換して出発します。コメリ槻木店さん、場所をお借りしました。どうもありがとうございました。

初石公民館(2013/10/14 00:15)

再度パンクすることもなく、無事に流山まで戻ってきました。初石公民館で写真を撮ろうとしたら電池切れでした。

スプロケットが取れかけたり、パンクしたり、電池が切れたりしましたが、元気に往復できたので良しとしましょう。

江戸川を上る

江戸川沿いのサイクリングロードを散歩していると、「海から×km」という標識が目につきます。「この川を下っていけば海に行くのか。海まで行ってみたいなあ。」などと思うこともありますが、しかし近所の江戸川の標識は海から32km程度を示しています。

32kmをずっと歩くというのも骨が折れることですし、また夏の盛りで熱中症の心配もあり、なかなか考えを行動に起こすことができませんでした。

ところが、葛西の友人宅へお子さんを見にお邪魔することになり、せっかく葛西まで行くなら、日頃の考えとは逆であるものの葛西から江戸川を流山まで上っていくのも良いなと考え歩いてみることにしました。

葛西臨海公園

2013-09-14_001

2013-09-14_002

友人宅を辞去し、葛西臨海公園までやってきました。川が海に注いでいます。対岸は千葉にあるのに東京という冠がつくレジャー施設です。なじみのある川が海まで注いでいるのを見ると少し感動します。

2013-09-14_003

ただしこの川、旧江戸川です。現江戸川はもう少し東寄りにありますが、そちらはまたの機会にします。

妙見島

2013-09-14_004

東西線の橋までやってきました。地下鉄なのに高架の線路なのが不思議。船がいますね、流山の江戸川では船を見たことがありません。

2013-09-14_005

東西線の橋から少し歩くと妙見島が見えます。工場が多いようですがマンションも見えます。……マンション建てて大丈夫なのかな、地盤とか少し心配です。

分岐

2013-09-14_006

江戸川水門のあたりまで来ました。旧江戸川は国交省の管理下と思っていたのですが、ここまでは東京都の管理下にあったようです。

2013-09-14_007

2013-09-14_008

江戸川水門を過ぎるとすぐに江戸川と旧江戸川の分岐点です。下流なので当たり前ですが川幅が広い。流山の江戸川の印象とは違います。

2013-09-14_009

海から11km、いつもの標識が現れました。流山まではまだまだ遠いです。

 小岩

2013-09-14_010

小岩までやってきました。もう小岩かという気持ちとまだ小岩かという気持ちがわいてきます。写真を見て思いましたが、東京の電車は長いな。これでも朝夕は大混雑するんだから一体どれだけ人がいるんだよって話です。

それにしても、このあたりの河川敷はよく整備されていてうらやましい。さすが東京。サイクリングロードの道幅も広く、多くの人々が歩いたり走ったり、あるいは自転車に乗ったりしています。千葉とか埼玉ではサイクリングロードの道幅が狭くなり、自転車とすれ違うときなど怖いのですが(たぶん自転車の人も怖いのでは?)、でも東京ほど人がいないので広げる必要も無いのか。

金町

2013-09-14_011

金町までやってきました。国道6号が見えます。

本当はまだまだ距離があるんですが、なんとなくここまで来ると流山までもう少しという気がします。

日暮れ

2013-09-14_012

日が落ちるとあっという間に真っ暗になります。サイクリングロードには街灯が無いので真っ暗闇の中を歩いて行くのですが、人が向こうから歩いてきてぶつかりそうになったり、すれすれで自転車に追い抜かれたり、とても怖い思いをしました。

ふと思いついて携帯のライトをつけたところ怖い思いはしなくなりましたが、道が見えないので歩きにくく危ない。このまま家まで歩くのは危険と判断し、南流山駅から電車で帰宅することにします。

2013-09-14_013

南流山駅では屋台フェアというイベントが催されていました。各地のB級グルメが集まっていたようで、何かおいしそうなものがないかとぐるっと一回りしてみましたが、これといってなくそのまま電車で帰宅しました。

反省

葛西臨海公園を出発したのが13時半ごろでしたが時間が足りませんでした。夜になるのはわかっていたことですが、夜のサイクリングロードがあんなに怖いとは想像していませんでした。少し考えてみればわかりそうなことですが……自分の見込みの甘さに反省です。

利根運河を散歩

流山市民となって数ヶ月。練馬区の平和台にいたときとは大きく違うのが河川が身近にあること。江戸川、利根運河、坂川、大堀川、ちょっと歩けば利根川も近いです。

川というものは、どこから流れてきてどこへ流れていくのか。川の始まりから終わりまで見てみようとするとなかなか大変です。特に利根川なんて源流は群馬の山奥ではないでしょうか。たぶん一生見ることもないでしょう。一方で、利根川と江戸川を結ぶ利根運河は、端から端まで歩いても10kmもありません。これなら散歩がてら歩けます。

ということで、利根運河を江戸川から利根川まで上ってみました。

江戸川から利根運河へ

2013-07-14_001

2013-07-14_002

2013-07-14_003

10時頃に初石公民館前を出発し、まずは江戸川を目指します。20〜30分程度歩いて流山IC付近まで行けばすぐに江戸川です。川沿いには青々とした田んぼが広がり、故郷の岩手の風景を思い出させます。田んぼを見るとなんとなく矢巾のあたりを思い出すんだよなあ。

2013-07-14_004

山がないこと以外、岩手と風景が大して変わりません。東京から電車で数十分なのになんだこれ。

遡上

などと考えながらボチボチ歩くこと数十分、利根運河に到着しました。

2013-07-14_005

2013-07-14_006

標識にも江戸川と利根運河の境界が示してありましたので、間違いありません。江戸川から別れ、利根運河を上っていきます。

2013-07-14_007

川には始点と終点があるのでしょうか。利根運河沿いの標識には「江戸川から×km」と書かれていますが、素人感覚だと利根川から江戸川へ水が流れるのだから「利根川から×km」と書きたくなります。江戸川側から見たからこのように書いてあるのかとも考えましたが、振り返って利根川から標識を見てもやっぱり「江戸川から……」との表記。何か理由があるのかな。

2013-07-14_008

疑問は解けぬまま歩いて行くと運河駅のあたりまで来ました。

運河駅付近は小規模な公園(個人的には「さっとぺっこ」という方言がぴったりだと思うが、対応する標準語がわからない)として整備されており、春には運河沿いに咲く桜が大変きれいです。もちろん夏に子供を遊ばせるのにも良いと思いますが、どうも利根運河の水は汚そうな気がするのでその辺はご注意ください。

2013-07-14_009

運河駅を過ぎると途端に緑が濃くなります。あまり手がつけられていない。運河を掘るときに一緒に開発しなかったんですかね。

2013-07-14_010

気づけば柏市になっていました。どこで流山との市境を越えたのかわかりません。市境で道路の舗装が変わったり、何かしらの気づくポイントのようなものがあるものなんですが。。。

2013-07-14_011

5km付近で国道16号と交わります。運河を掘ったとき、未来にこんな大きな道路が通って自動車が行き交うなんて想像しなかっただろうな。

2013-07-14_012

2013-07-14_013

2013-07-14_014

国道を過ぎてますます緑が濃くなり、しばらく歩くと水門が見えてきました。利根運河もここまでのようです。

2013-07-14_015

2013-07-14_016

バックホーもダンプも無かった明治に、これだけの運河を掘るとは大変な事業だったことでしょう。

利根川

2013-07-14_017

2013-07-14_018

2013-07-14_019

さて、利根運河のサイクリングロードはそのまま利根川のサイクリングロードにつながっています。せっかくなのでこのまま利根川沿いに歩いて行きます。

2013-07-14_020

広がる田んぼ、送電線、TX線の高架、柏の葉のマンション。田舎者の考えですが、都心部ならともかく、田んぼが広がっているような土地なら田んぼをつぶして家建てりゃいいじゃないかと思います。都会の方々はマンションがお好きですよね。

茨城侵攻

2013-07-14_021

新利根大橋が見えてきました。

2013-07-14_022

2013-07-14_023

橋を渡り茨城県側へ侵入します。ゆったりと流れる利根川、ボーッと眺めているだけでもなんだか心が落ち着きます。

2013-07-14_024

タヌキが出るようですね。さすが茨城、自然豊かなのでしょう。タヌキくらいなら身近な動物という気もしますが。

2013-07-14_025

2013-07-14_026

少し道をそれると白山神社という神社がありました。新しくて立派な本殿は近年建て替えたようです。苦しい人が幸せになるようにお祈りしました。

2013-07-14_027

さらに歩いて行くと関東鉄道の電車……ではなく列車が滑り込んできました。本当に滑り込んでくるという感じ。JR山田線という超ローカル線沿線で育ったものからしてみると、ディーゼルカーはのんびりゴトゴト走るものという印象が強いのですが、さすが関東、ディーゼルカーといえどもせかせかと走るようです。

なんだか色使いが京成の電車に似てる。

2013-07-14_028

でも、せかせか走るディーゼルカーがある一方で田んぼが広がる景色もあり、なんだかよくわかりません。

2013-07-14_029

日清食品の工場がありました。でかいカップヌードルの模型?があります。工場直売でカップヌードルが安く売ってないかななどと思い、工場周辺をうろついてみましたが特に何もありませんでした。つまんないな。

2013-07-14_030

日がくれてきました。ぼちぼち家に帰らなきゃ。

2013-07-14_031

2013-07-14_032

2013-07-14_033

龍ケ崎市までやってまいりました。牛久沼を見てみましたが大きい。湖と沼がどう違うかわかりませんが、沼というより湖という感じです。

2013-07-14_034

空が変です。定規を当てて切り取ったかのような、そんな空。

2013-07-14_035

牛久駅まで来ました。常磐線に乗って帰ります。

2013-07-14_036

無事に出発地点の初石公民館まで戻りました。利根運河を散歩するつもりが少々長い散歩になってしまいましたが、無事に帰宅でき、牛久沼も見られたので満足です。