日本一周計画

背景

夢というほどではありませんが、高校生くらいの頃から漠然と日本を一周してみたいと思ってきました。日本の各地を実際に見てみたい。そうは思っても現実的に考えると、2~3日で日本一周はできませんので、仕事を考えると思いを持ちつつも実現することはできずに時間だけが経過してまいりました。

老いて年金生活になったらのんびり一周しようと、これもまた漠然と考えていましたが、御嶽山の噴火、広島市や伊豆の土砂災害、東日本大震災といった大きな災害があり、今あるものが未来もあり続けるとは限らないことに気づきました。当たり前のことで、頭では分かっていましたので、先に挙げたような災害で「思い出させられた」という表現のほうが適当でしょうか。

大切なことに改めて気づいたとはいえ、仕事をしていては実現は困難です。それならば仕事を辞めてしまえば良いということで辞めました。もちろん、辞めた理由は日本一周だけではなく、仕事がかんたんなので飽きる、仕事に対する姿勢や意識が自分と一緒に働く人たちの間で乖離してきた、などなど他にも理由はありますが、旅行への思いが退職理由において大きなウェイトを占めるのは確かです。

目的

背景を踏まえこの旅の目的は、47都道府県すべてを自分の目で見ること、そしてどのような人たちが生きているのか知ることとします。ちょっぴり堅苦しいですが、ぼんやり考えていることを言葉で表すとこうなりました。平たく言えば日本探しの旅といったところです。

この旅の計画を人に話したときに「自分探しの旅?」とよく聞かれましたが、長期旅行にはそのようなイメージが付いているのでしょうか。さすがに30歳を過ぎて自分探しも糞もねぇだろうよ。

経路

自宅のある千葉県流山市を起点として時計回りで一周します。時計回りの理由は、左側通行である日本では海岸沿いの道路を走る際に反時計回りと較べてより海が見られるであろうという考えからです。基本的には海岸線の国道や県道を走行しますが、あくまでも基本であってその都度走りたい道を安全運転で走ります。

途中、新潟まで来たら一旦流山に戻り、所用へ対応した後に新潟から再出発するという経路を予定しています。

乗り物

アルトを使います。カブを使おうかとも思いましたが、事故に遭った時の危険性を考えてアルトにしました。アルトよりカブの方が楽しいのは承知していますが、長い距離を走りますので安全を優先します。

スケジュール

5/16(土)に出発し、2~3ヶ月程度で北海道から沖縄まで回ります。

本当は4月下旬に出発するはずが、健保と年金の手続きに時間がかかり想定より1ヶ月近く遅れて出発することとなりました。特に年金の手続きがこんなに時間がかかるものとはまったくの想定外。昔と違い窓口の人たちの愛想は改善されましたが、内部の業務フローには改善の余地があるのではないでしょうか。

内部から業務を改善しようという動きは起こらないのかしら。非効率的な業務って、やる側も嫌になってきて直したくなるものです。

ルール

ある程度のルールがあったほうがやりがいがありますので、日本一周にあたっては以下のルールを設定します。

  • 県庁に行く(Must)
  • その土地のものを食べる(Want)

「日本一周」という言葉を本土5島(北海道、本州、四国、九州、沖縄本島)の海岸線を回るだけと定義するならば、海無し県へ立ち寄る必要は無くなりますが、47都道府県を巡るという目的を達するには各県への県庁へ行くというルールを設けるのが適切です。

また、食は生きる上で必須の行為ですので、その土地のものを食べればどのような人たちが生きているのかを知る手がかりになります。必ずしも土地の料理や産物を提供する店が開いているとは限りませんので、必須のルールとはしないものの、出来る限り口にするようにします。

東京見物

回数券が余った

前職の通勤用に購入していた回数券を使い切れず、有効期限が迫ってまいりました。せっかく買ったのに失効させるのはもったいない限りですので、回数券を利用し東京見物をすることにしました。

流山おおたかの森駅

何はともあれ東京へ向かうべく最寄りの流山おおたかの森駅へ向かいます。西口のロータリーを整備するそうで、流山に引っ越してきて以来馴染みのあるしょぼいロータリーとももうすぐお別れです。

20150510-001

スカイツリー、浅草寺

電車を乗り継いでスカイツリーまでやってきました。スカイツリーは流山からも見えますが、やはり間近で見るととても高い。いつか登ってみたいと思います。

20150510-002

スカイツリーの足元に目をやると、皆さん空をみあげていらっしゃる。なんだか滑稽です。20150510-003

スカイツリーから浅草寺まで歩きます。スカイツリーと浅草は1kmほど離れており、近いようで意外と距離があり、お年を召した方や効率的に観光したい方はバスを使うのがお勧めです。20150510-004

浅草といえば例によって浅草のうんこビル。炎……には見えないでしょう、どう見てもうんこです。

うんこビルには、約10年前にカブで東京見物した際も見に来たのですが(東京らしい景色を求めて)、当時と今を見比べるとやはりスカイツリーの存在が目を引きます。20150510-005

浅草寺はいつも参拝者で混雑していますが、昔と違い参拝者の比率が日本人より外国人の方が多く感じられます。欧米の方だけではなく、中国、韓国といった近隣国をはじめとしたアジア諸国からおいでになったであろう方々も見受けられました。20150510-006 20150510-007

浅草寺を上から見下ろすかのようなビルの建築計画が進んでいるようです。開発はいたしかたが無い面もあろうかとは思いますが、ぜひデベロッパーには景観へご配慮いただいた上で進めていただきたいと考えます。

でも、三重塔とか五重塔といった塔は上から見るとまた良い味わいがあったり。

20150510-008

東京駅、東京中央郵便局

電車に乗って大手町駅まで来ました。大手町から東京駅へ歩いていきます。

東京駅へ向かう通路でチャグチャグ馬コのポスターを見かけました。「チャグチャグ馬コ」と書いて「ちゃぐちゃぐうまっこ」と読みます。

現代のように農業機械が普及していなかった頃、馬は貴重な労働力であり農業には欠かせない存在でした。馬の無病息災を願い、そして馬を労うため、馬にきれいな飾り付けを施して神社にお参りし練り歩くという行事が行われるようになった……という話を子供の頃に聞いたが真偽の程は知らない。

チャグチャグ馬コの意味について、「チャグチャグ」は鈴の音、「馬コ」は馬です。盛岡弁では名詞の末尾に「っこ」を付けることがままあります。例えば「飴っこ」とか「お茶っこ」とか。訛っているので「馬っこ」なのでしょう。「飴ちゃん」に代表されるように関西では名詞に「ちゃん」や「さん」を付けるのと同じノリかと思います。

馬糞が臭うし、地味なので東京でポスター貼るほどの行事では無いと思うんだけどなー。

20150510-009

東京駅の丸の内駅舎は工事が終わりすっかり綺麗になりました。綺麗すぎてちょっと嘘っぽい。20150510-010

東京駅の向かいにあるのが東京中央郵便局。だったのですが、郵便局を潰してKITTEというビルになりました。今でも東京中央郵便局としてビルに併設されているようですが、規模は縮小されています。

20150510-011

皇居外苑

さて、東京駅から少し歩き皇居外苑まで参りました。大都会東京のこんなど真ん中にこれだけ広大な土地が残されているのはすごく不思議。

高度成長期のときなど皇族方に東京からお移りいただき、皇居を潰して開発しようという考えを持ち実行に移す政治家がいてもおかしくなかったと思いますが、さすがに考えは持っても実行には移せなかったといったところでしょうか。20150510-012 20150510-017 20150510-016 20150510-015 20150510-014 20150510-013

靖国神社

北の丸公園を抜けて靖国神社へ来ました。お参りをし遊就館へ。

色々な展示がありますが、中でも太平洋戦争時における軍属の方々の遺書が胸にしみます。妻に向けて「皇国の勝利を~」といった遺書を書いている方が、小さな子供には「××ちゃんへ、お父さんはお星様になり××ちゃんを見守ります。お母さんの言うことをよく聞き~」なんて書いているのです。この遺書を平然と読める方がどれだけいるのでしょう。

太平洋戦争は避けられなかったと思いますが、もっとうまい負け方は無かったのでしょうか。

20150510-018 20150510-019

東京タワー

遊就館で気力を使い果たした感もありましたが、歩いて東京タワーへ向かいます。

せめて元気の出そうなものを口にしようと思いポッカサッポロのパワースカッシュを口にしましたが、これはあれだ、オロナミンCだ。オロナミンCはあれくらいの量だからちょうどいいのであって、500mlも飲むと飽きる。もう買わない。

20150510-020

パワースカッシュのお陰で東京タワーにたどり着きました。スカイツリーと比べると高さが低い印象は拭えません。しかし、個人的にはデザインという面ではスカイツリーにまったく負けていないと思います。素敵。

20150510-021

御成門駅から電車に乗って大手町に向かいます。子供の頃に家族で東京旅行をした際、みんなで御成門駅を「ごせいもんえき」と読んでいたのは良い思い出です。

20150510-022

箱崎ジャンクション

大手町駅から水天宮前駅まで歩き、箱崎ジャンクションを見物します。前職ではこのあたりで働いていたので、日常の景色として特に意識したこともなかったのですが、@nifty:デイリーポータルZ:ジャンクションを鑑賞するを拝見しちゃんと見てみようと考えてやってまいりました。

ちゃんと見てみるとすごい。よくこんなものを作る。

余談ですが、道路を支えている柱には小さな扉がついていて、柱の中に入れるようになっています。扉が開いていて業者さんが作業しているのを何度か見かけました。

20150510-024 20150510-028 20150510-027 20150510-026 20150510-025

帰宅

水天宮前駅にお嬢様聖水の広告がありました。かねてより「これアカンやつやん」と内心思っておりましたが、先日、友人とお嬢様聖水について話をする機会があり、「あれはアカンやつだ」ということで見解の一致を見ました。

お嬢様聖水は女性向け商品とのことですが、女性である友人から見てもアカンやつということでしたので、製造業者は商品名を調整なさったほうが宜しいと思われます。もちろん個人的にはこのままの商品名でいってほしい。
20150510-029

お嬢様聖水のことを考えているうちに流山おおたかの森駅に着きました。中規模のショッピングセンターがありますが、それ以外は何もありません。でも住むにはこれくらいが程よい。

20150510-030

まとめ

主に東京の東側を見物しましたが、とても楽しい一日となりました。東京都内や東京近郊にお住いの方々は、買物や所要で都内で行くことはままあれど、見物のためにお出かけになることは少ないことでしょう。

しかし、全国、国外からも大勢のお客様がいらっしゃるような有名な観光地がすぐ近くにあるのです。ぜひベタな東京見物にお出かけいただきたい。交通費は安く済みますし、新たな発見があるかもしれませんよ。

Microsoft Word 2013でWordPressに投稿する

無職ばんざい

色々と思うところがあり3月で仕事を辞めて晴れて無職の身となりました。エブリディがホリディ。それならば長期の旅行へ出かけたくなる。せっかくなので旅行の記録をこのサイトへ残したいものです。カブでちょっと出かけたなら家に帰ってきてから記録を書けば良いものの、長期となると旅行しながら記録していかなければきっと忘れてしまう。時は残酷です。

では、旅行先からこのサイトへの投稿をどのように行うか。このサイトはCMSとしてWordPressを利用しているので、普段は組み込みのエディタを利用して書いていますが、組み込みのエディタはオンラインでなければ書けないので常にネットワークを利用できるとは限らない旅行中に利用するには不適切です。

そこで思い出したのがMicrosoft Wordのブログ投稿機能です。前職でWordに関係する仕事をしていたため、新しいバージョンのWordがリリースされるたびにざっと新機能を追いかけていました。Word 2007か2010あたりでMovable TypeとかWordPressに記事を投稿する機能が追加されたことは知っていたものの、お客さんや自身の業務で使うことは無いため詳細な調査や動作検証は行っていませんでした。

Wordならばオフラインで書けますので、検証する価値がありそうです。

要件

Wordの利用により下記の要件が実現できることを検証します。

  1. オフラインで編集できること
  2. コンテンツとして画像を含められること
  3. Wordのスタイルを同じ意味を持つHTML要素へマッピングできること(例: Wordの見出しスタイル→HTMLのh1, h2…要素、Wordの箇条書きスタイル→ul要素)
  4. 下書きとしてWordPressに投稿(保存)できること

なお、上記の要件のうちオフライン編集以外は、WordPressの組み込みエディタで軽微な手修正を行う等の運用回避ができれば良いものとします。

検証

(準備)アカウントの追加手順

  1. Word起動
  2. ファイル > 共有 > ブログに投稿をクリック
    wd2013-blog-01
  3. ブログアカウントの登録画面で、今すぐ登録をクリック
    wd2013-blog-02
  4. 新しいブログアカウント画面で、ドロップダウンリストからWordPressを選択し、次へをクリック
    wd2013-blog-03
  5. 新しいWordPressアカウント画面で、画面項目の指示通りURL, ユーザー名、パスワードを入力
    wd2013-blog-04
  6. 画像のオプションは変更せずデフォルトのままとしてOKボタンをクリック
  7. アカウントが登録されました…というメッセージボックスが表示されるのでOKクリック
    wd2013-blog-05
  8. Wordがブログ編集用の画面となる
    wd2013-blog-06

あっけない。アカウント追加しようとすると撥ねられるとか、何かしら嵌ると思っていたのにつまらん。

オフライン編集

  1. ブログ編集用の画面で適当に入力
    wd2013-blog-07
  2. docx形式で保存後にWordを終了。ネットワークを切断しオフラインとしてから保存したdocxファイルを開く
    wd2013-blog-08

まあこれくらいはね。保存して開きなおして全部消えてたら洒落にならんですたい。

投稿

  1. 発行 > 下書きとして発行をクリック
    wd2013-blog-09
  2. 本文に「発行されました…」と表示される
    wd2013-blog-10
  3. WordPress側のエディタで表示されることを確認
    wd2013-blog-11
  4. プレビューでも問題ないことを確認
    wd2013-blog-12

営団の「マナーを守って楽しい地下鉄」という標語もちゃんと読め、WordスタイルとHTML要素のマッピングも完璧です。段落番号スタイルのネストができるのは予想していましたが、強調斜体スタイルをem要素に置き換えたのは驚きました。そこまでやるか。

検証結果

上記の検証により、Word 2013の利用により要件が実現できることが明らかとなりました。

もちろん、サンプルデータはとても簡単なものでしたので、実際にWord 2013で書き始めると多少の不具合は出てくるかと思います。不具合が出たとしてもWordPress組み込みのエディタで修正してやれば運用回避できるでしょう。

こうなると欲が出てきます。もうちょっと調べてみましょう。

段落書式および文字書式の反映

  1. 段落書式、文字書式を設定し下書きとして発行
    wd2013-blog-13
  2. WordPress上で確認
    wd2013-blog-14 wd2013-blog-15

やりおる。文字書式でstrong要素を入れてきたあたり、MSは多くのWordユーザーがスタイルを利用せず書式により文の意味付けを行っている現状をよく理解していると言えます。

さらに調べてみましょう。

通常のWord文書として作成した文書を投稿

これまでは、ブログに投稿機能で表示された画面で入力・編集し検証してきましたが、ブログ用ではなく普通のWord文書からも投稿できるのか検証します。

  1. 適当にWord文書を作成。ここではマイクロソフトが提供しているオンラインテンプレートから「論文」を選択して作成しました。
    wd2013-blog-16
  2. ファイル > 共有 > ブログに投稿をクリック
    wd2013-blog-17
  3. 編集中のファイルをもとに新規文書が作成され、ブログ用画面で表示された
    wd2013-blog-18

必ずブログ編集用の画面を経由するということか。これならば最初からブログ編集画面で書いたほうが良さそうです。

Wordなんてクソと思っていましたが意外とできる子でした。これで旅行も楽しめそうです。

実際に投稿してみる

上記の検証結果を受けて投稿したのが大堀川から手賀沼へ。実際に投稿してみて気づいた点は次のとおり。

  • オリジナルの画像が挿入されるので、解像度が高い画像だとページのロード時間が長くなる。対策としてはアップロード前に画像を縮小しておくか、画像だけはWordPressの機能でアップロード・挿入する。大堀川から手賀沼へではWordPressの機能を利用したが、大した手間ではなかった。
  • Wordのオートフォーマット機能で余計な文字書式が設定され、不要なspan要素が挿入された。大堀川から手賀沼へではWordPressでspan要素を削除した。Wordのオートフォーマットを無効にすれば以後は未然に防げるはず。
  • Wordの校正機能により表記ゆれや言葉遣いの誤りを検出してくれるのでtypoを見つけやすい

完璧というわけではありませんが、下書き用ならば十分に満足できます。