おことわり

このページは昔公開していたページの誤字等を修正の上で、改めて公開するものです。そのため記載内容が古く、現在にはそぐわないものもあるかもしれません。ご承知置きください。

このときは福島の道路が印象に残っています。県道にしろ国道にしろ1車線~1.5車線程度の道路が多く、そんな道が県道や国道に指定された理由を知りたいと思ったものです。

作成・更新日

  • 2005/05/08作成

練馬に戻ってみるについて

仙台から練馬へ戻りました。

はじめに

楽しかった5月連休。それもおしまいです。 ということで、盛岡から練馬まで戻る・・・はずが、 成り行きで仙台出発(カブは仙台まで車載)に。

出発

2005年5月5日13時、仙台市を出発します。

回り道

2005_08_01

国道4号を走るのもつまらないので、宮城県道をひた走ります。

国道349号

2005_08_02

途中から国道349号を走り、福島県へ。 この国道349号、区間にもよるのでしょうが、いまいち整備されていません。

郡山へ

郡山まで福島の県道を走りましたが、時間がかかりすぎるので郡山から国道4号を走ります。

ひたすら走る

国道4号をひたすら走ります。流れにはついていけますが、疲れます。 スピードを出す乗り物じゃないんだよなあ。

4号を埼玉県まで走り、途中から国道16号、国道17号と進み、1時練馬着。

12345.6km

2005_08_03

板橋でオドメーターが12345.6kmを示しました。 だからどうってわけでもないのですけどね。

おわりに

到着時のオドメーターは12347.6kmでした。 東京を出発時は10546.2kmでしたので、1801.4kmの走行と相成りました。 意外と走っていないなあ。

ちなみに、県道を走るより素直に4号を走ったほうが距離を稼げます。 疲れますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)