本日の経路

室蘭市→洞爺湖町→豊浦町→函館市

起床(2015/06/29 07:00)

5時に目が覚めたが、周囲がうるさいので二度寝。7時に起きると案の定周囲が静かになっていて良かった。朝起きて出発の準備をするのはいいけど、喋らないとか車のドアを静かに閉めるとか気を遣えないものか。

近隣住民はたまったものではないだろう。

道の駅から少し走ったところにある展望台から街を眺めると、白鳥大橋とともに工場も見えた。やはり室蘭は工業の街か。

20150629-001

洞爺湖(2015/06/29 09:15)

2000年の有珠山噴火で被害を受けた建物などが保存されているので見学する。

一見すると普通のアパートですが、1階は土砂が流入しています。

20150629-003 20150629-002

温泉も無残な姿。

20150629-007 20150629-008

火口。街まですぐ近くて驚く。

20150629-004 20150629-006

20150629-005

今でも蒸気が出ている箇所があり、火山活動が止まったわけではないことを思い知る。

20150629-009 20150629-011

海の方の眺めはすごく良かった。

20150629-010

幼稚園もボロボロになってしまっていた。

20150629-012 20150629-013

パンフレットを配っていた方とお話したところ、その方は当時おみやげ製造の仕事をしていたそうだが、噴火により商品を出荷できず苦しい思いをしたそうだ。食料は配給されても商売の借金が減るわけでもないし、今後の事業の立て直さなければならないし……といろいろと大変だったとのこと。

「なんだかんだ言っても会社員が一番ラクだよ」とおっしゃっていたのが印象的でした。

洞爺湖はとてもきれい。

20150629-014

車中泊が明確に禁止されているのは初めて見た。理由は推して知るべしといったところか。

20150629-015

道の駅 とようら(2015/06/29 12:22)

昼時なので道の駅で昼食をいただく。ホタテのパン。

20150629-019

パンはあまりホタテ感が無かったので、ホタテフライ級。typoではなくホタテフライ級という名前のホタテフライ。これは良かった。ホタテがでかすぎるくらいでかくて食べごたえ抜群。女性だと一本を3人で分けるので調度よいかもしれないくらい、ホタテがでかい。

20150629-017

デザートはいちごのソフトクリーム。いちごの酸味が良い。

20150629-016

内藤大助さんの出身地なのですね。だからホタテフライ級なわけだ。

20150629-018

豊浦町~函館市

駒ケ岳を目にしつつ海沿いを走り函館を目指す。

海がきれいない道の駅が休館だったり、

20150629-020 20150629-021

(たぶん)青森を眺めたりしつつ、函館に到着。

20150629-022

函館といえばやはり啄木の歌碑。

20150629-023

というのは冗談で、やはり夜景。きれいだ。これはすごい。

20150629-024

人もすごい。ラッシュアワーか。

20150629-025

あまりの人の多さに策の上に登る人が出てくる始末。階段にも人が滞留して昇り降りの人がぶつかっていたし。いつか事故が起こるぞ。

20150629-026

夜景を見ていた時間は数分ですが、ロープウェイの乗車に往復で30分以上待たされすっかり体が冷えました。そこで晩飯はラーメン。「函館は塩!」と看板に書いてあったので塩ラーメン半チャーハンセットに餃子とビールという鉄板の組み合わせをいただく。今日はホテルを取ったので酒が飲めて嬉しい。

20150629-027

ラーメンの味はそれなりにうまい。餃子は普通か、中の下かも。でもまあ体が温まったので良しとする。

温まったら冷たいものが食べたくなったので、セイコーマートのPBのアイスを買う。これがうまい。100円だったはずだがなぜこんなにうまいのか。セイコーマートって単なるローカルコンビニだと思っていたがけっこう開発力持ってるんだな。

20150629-028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)