本日の経路

宮崎市→日南市→鹿屋市→佐多岬→肝付町→鹿屋市→垂水市→桜島→霧島市→鹿児島市

起床(2015/05/28 06:00)

起きてみると、ものすごい山の中でした。なんかヤギもいるし。ヤギの注目を浴びつつ7時前に出発。

20150528-001 20150528-002

道の駅錦江にしきの里(2015/05/27 09:50)

ニガウリの酢漬け、五目ご飯、ピーナツ豆腐を購入。酢漬けとご飯は想像どおりの味として、問題はピーナツ豆腐。

20150528-003

砂糖醤油をかけていただくのですが、もっちりとしたムースみたいな、謎の食感。ピーナツ味はしない。「なんだろう、この食べ物は」と脳が混乱しつつ完食。

20150528-004

さらに隣のローソンで地元っぽいパンを購入。牛乳味の蒸しパンでした。

20150528-005

佐多岬(2015/05/28 11:08)

本土最南端の佐多岬に到着。「本土」とは北海道から沖縄までと思っていたのですが、沖縄は本土ではなく離島扱いなのでしょうか。

本土最南端の公衆電話だそうです。なお、ドコモの携帯は通じます。

20150528-007

こんな道を10分弱ほど歩いて行くと……

20150528-008

着きます。遠いところまできたものです。

20150528-009 20150528-010 20150528-011

宗谷岬までは2,700km。ここまで行くんだよな……。

20150528-012

桜島(2015/05/28 15:25)

鹿児島といえば桜島。火山灰があるがここで暮らしている人たちは洗濯物をどうしているんだろうかと疑問に思う。

20150528-013

展望台に登って景色を眺めます。

20150528-015 20150528-017

鹿児島市の街は目と鼻の先なのに陸路では数十km走らなければいけません。フェリーのりばに続々と車が入っていましたが、そりゃフェリー使いますよね。

20150528-018

注意って言われても何をどう注意すればいいのやら。

20150528-014

 

避難所兼休憩所ということですね。頑丈にできてるんだろうな。

20150528-016

ファミリーマートの看板の色が変。景観に配慮したのかな。

20150528-020

昔の噴火で埋まってしまった鳥居だそうです。とてつもない量の灰が積もったんですね。

20150528-021

人懐っこい猫。エサをねだられましたが何もやりません。

20150528-019

鹿児島県庁(2015/05/28 18:45)

桜島を一周しつつ陸路で県庁へ。でかくて真新しい建物。写真で見るとそうでもないですが、かなりでかい。日章旗と県旗を掲揚していない県庁は初めてかもしれないな。旗の代わりに鯉のぼりか……。

20150528-022

桜島も見えます。

20150528-023

道の駅喜入(2015/05/28 22:00)

今日の宿へ。晩飯はご当地っぽいものを適当に。芋焼酎はお湯割りにしたいところだがお湯が無いので水割りでいただく。ロックでもうまそうだ。

20150528-024

鹿児島名物かるかん。おいしゅうございます。

20150528-025

 

地元っぽいパン。味は例によって想像どおり。

20150528-026

沖縄の旅程を考える

予定では鹿児島から沖縄へ飛んで回るつもりでしたが、どうにも時間がうまく合わないので見送りにします。那覇空港と鹿児島空港の便は1日2往復しかなく時間を合わせにくい。

距離的には鹿児島が一番近いだろうけれども、沖縄へ行きやすいのは鹿児島ではなく羽田や成田なのかも。

羽田か成田から行くつもりにしつつ、どこかの地方空港でうまく時間がえばそこから行こう。

1 comment on “日本一周第13日目 鹿児島”

  1. 火山灰に埋まった鳥居、ビックリしましたね。
    行ったことは有りませんが、「ポンペイ」の名を連想しました。
    繰り返す噴火にもかかわらず、鹿児島の人々は転居せずに歴史を刻んで来たのですね。
    降灰の深度は、当地の冬の積雪深比ではありません。
    雪なら春には溶けますが、灰は溶けないし、場所に因っては、流れて
    更に被害を生じる事もあるのでしょう。お大事に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)